ムイラプアマ

 ムイラプアマ

 ムイラプアマはボロボロノキ科の樹木で、主に南米アマゾンからブラジル北部に野生しています。古くから”強精剤”として現地の人々などに利用されておりました。根の部分には、ヨヒンビンと同じような働きをする特有のアルカロイドが含まれているとされていますが、その研究は十分ではありません。

日本では、植物の根の部分は、医薬品成分に分類され、それ以外の部分は、食品に分類されています。日本国内では、サプリメントや漢方などで、主に樹皮が利用されています。

ムイラプアマの勃起不全(ED)改善効果や性欲の増進作用

ムイラブアマを使った研究にはさまざまなものがあります。その中には勃起不全に対しての効果を調べたものがありますが、どれも古い研究で、その効果については再度検討される必要があります。イギリスやアメリカなどでは、ED治療効果のあるハーブとして認められてきましたが、バイアグラをはじめとするED治療薬の、その驚くべき効果と安全性から、今ではすっかり影を潜めてしまいました。

口コミ文章

レビューを募集中

評価を発表してください。

ユーザー名 匿名

評価ランク